フォーラム投稿をタグで参照

グリッドとツリー フォーラムに関連付けられたタグや投稿を表示します。 サイト上のすべてのタグを表示
  • 【KBJ10075】WinTree のフォーカス喪失時に選択状態のハイライトを表示させる方法

    【概要】 コードあるいはユーザー操作によって WinTree のノードが選択されるとノードがハイライトされますが、コントロールからフォーカスが外れるとハイライトが消え、フォーカスが戻るとまたハイライトが表示されます。この動作は HideSelection プロパティによって制御することが可能です。 【該当するコンポーネント】 WinTree 【該当するバージョン】 全てのバージョン 【記事の種類】 Tips 【詳細】 HideSelection プロパティを無効にすることで、コントロールがフォーカスを失った際に選択状態を保持するよう設定することが可能です。 デフォルトではこのプロパティは True...
    以下へ投稿 グリッドとツリー (Forum) by [IG] すずきまこと on 2010/5/31
  • 【KBJ10059】UltraGridのセルの文字数をシフトJISのバイト数で設定したい

    【概要】 UltraGridのセルの入力文字数の上限値を、シフトJISでのバイト長を基準に設定したい 【該当するコンポーネント】 UltraGrid 【該当するバージョン】 全てのバージョン 【記事の種類】 FAQ 【詳細】 NetAdvantageのビルドイン機能としてはバイト長での文字数制限を行う機能はありません。 UltraGridの場合、CellChangeイベントをハンドルし、文字列が変更されたタイミングで文字列の変換とバイト長での編集を行うことで、同様の処理を実現することができます。 (C#のサンプル) /// <summary> /// バイト数判定に用いるShiftJis用Encoding...
    以下へ投稿 グリッドとツリー (Forum) by [IG] 山田 達也 on 2010/3/31
  • 【KBJ10046】UltraTree上でマウスポインターの位置のノードを取得するためには

    【概要】 UltraTree上でマウスポインターが示しているノードを取得したい場合、マウスイベントとUltraTree.GetNodeFromPointメソッドを併用します。 【該当するコンポーネント】 UltraWinTree 【該当するバージョン】 全てのバージョン 【記事の種類】 How-to 【詳細】 ツリー形式のUIを採用した場合、ノードをクリックする以前に、マウスを重ねただけで何らかのアクション(たとえばノードの詳細情報をツールチップ的に表示するなど)を行う要求は多々あります。 そんな時は、UltraTree .GetNodeFromPointメソッド を使用します。 GetNodeFromPointメソッドの引数としてマウスの現在位置を渡すことで...
    以下へ投稿 グリッドとツリー (Forum) by [IG] 山田 達也 on 2010/1/5
  • 【KBJ10034】全ての行を子行を含みループさせるには

    【概要】 子行も含んだ全ての行をループさせる効率的な方法は再帰呼び出しを使用することです。このトピックでは実際の実装方法を紹介します。 【該当するコンポーネント】 WinGrid 【該当するバージョン】 6.1 【記事の種類】 How-to 【詳細】 子行も含んだ全ての行をループさせる効率的な方法は再帰呼び出しを使用することです。このトピックでは実際の実装として、TraverseAllRowsHelper を実装します。 In VB Imports Infragistics.Shared Imports Infragistics.Win Imports Infragistics.Win.UltraWinGrid...
    以下へ投稿 グリッドとツリー (Forum) by [IG] 池原 大然 on 2009/10/14
  • 【KBJ10035】UltraGridで、バインド先コレクションのインデックスを元に行を特定する方法は?

    【概要】 グリッド上に表示している行インデックスでなく、バインドしているデータのリストやDataTableなどのインデックスが分かっており、それを元に行を特定したいケースは多々あります。 【該当するコンポーネント】 UltraWinGrid 【該当するバージョン】 全てのバージョン 【記事の種類】 How-to 【詳細】 たとえばソート処理を行ったときには、表示上の行インデックス(行番号)はバインド先のDataTableやコレクションのインデックスとは異なるものになります。バインド先要素のインデックスをもとに行を特定するために必要なコードは以下のとおりです。 (C#) UltraGridRow...
    以下へ投稿 グリッドとツリー (Forum) by [IG] 山田 達也 on 2009/10/8
  • 【KGJ10032】UltraWinGridの編集中のセル上で、MouseDown,MouseUp,Clickなどのマウスイベントが発生しないのはなぜ?

    【概要】 あるセルが編集モードにある場合、グリッドは編集用のウインドウをセルの上にオーバーレイします。このとき、セル上でマウスクリックを行っても、グリッド上のMosueDown, MouseUp, Clickなどのイベントは発生しません。 【該当するコンポーネント】 UltaWinGrid 【該当するバージョン】 全てのバージョン 【記事の種類】 FAQ 【詳細】 あるセルが編集モードにある場合、グリッドは編集用のウインドウをセルの上にオーバーレイ表示し、その中で編集セルの表現を行っています。このとき、セルに対するMouseDown, MouseUp, Click などのマウスクリックイベントは...
    以下へ投稿 グリッドとツリー (Forum) by [IG] 山田 達也 on 2009/10/5
  • 【KBJ10020】UltraWinGrid上でマウス位置を元にUIElementを取得する方法

    【概要】 様々な状況において、マウスの位置をもとに行や列、セルなどの情報を取得する必要があります。グリッド上の特定の位置に該当するUIElementを取得するためには、UIElement.ElementFromPointメソッドを使用します。 【該当するコンポーネント】 UltraWinGrid 【該当するバージョン】 全てのバージョン 【記事の種類】 FAQ 【詳細】 (質問) ユーザーがクリックした行や列、セルを正確に判別するためには? (回答) まずグリッドのDisplayLayout.UIElementオブジェクトのElementFromPointメソッドを使用して、マウスのX/Y座標に相当するグリッド表面上のUIElementを取得します...
    以下へ投稿 グリッドとツリー (Forum) by [IG] 山田 達也 on 2009/10/2
ページ 1 / 1 (7 項目)
Infragistics Japan
インフラジスティックス ジャパン