【KBJ10099】WebDataGrid のデータソースの切り替えについて

0 ユーザーが評価
この投稿には確認済みの回答があります。 0 返信 | 0 サポーター

トップ 10 投稿者 
男性
投稿 46
IG Employee
【概要】
DataSet、DataTable など動的にグリッドのデータソースを作成している際に、ユーザー操作によるデータソースの切り替えが必要な場合があります。
 
【該当するコンポーネント】
全てのコンポーネント
 
【該当するバージョン】
2008.3 以降
 
【記事の種類】
Tips
 
【詳細】
データソースのスキーマの変更にかかわらず、データソースを動的に切り替える際にはまず ClearDataSource メソッドを呼ぶことでグリッドに保持されている現在の行やスキーマをクリアし、次回バインド時に切り替えたデータソースが正しく使用されるようになります。
 
ClearDataSource メソッド:
 
尚動的に列コレクションを作成している場合、またソートやフィルター機能を併用し、バインド後にデータが正しく表示されない場合には使用される各コレクション(Columns コレクション、Softing.SortedColumns コレクション、Filtering.ColumnFilters コレクション)をクリアする事が必要となる場合もあります。
 
ページ 1 / 1 (1 項目) | RSS
Infragistics Japan
インフラジスティックス ジャパン