【KBJ10077】Drag and Drop Framework の設定をコードで行うためには

0 ユーザーが評価
この投稿には確認済みの回答があります。 0 返信 | 1 サポーター

トップ 10 投稿者 
投稿 26
IG Employee
【概要】
Drag and Drop Framework の設定をコードで行うためには
 
【該当するコンポーネント】
全てのコンポーネント
 
【該当するバージョン】
2009.2
 
【記事の種類】
How-to
 
【詳細】
NetAdvantage Silverlight には Drag and Drop Framework というドラッグ処理をサポートするライブラリが提供されています。
このトピックでは通常 XAML で設定する Framework の設定をコードにて行う方法を紹介します。
 
コードで設定を行う場合は、それぞれ DragSource, DragTarget オブジェクトを作成し、
Infragistics.Silverlight.DragDropManager.SetDragSource, SetDragTarget メソッドを使用しアタッチします。
 
In C#:

    // DragSource
の作成
    DragSource source = newDragSource();
    source.IsDraggable = true;
    // DragSource のアタッチ
    Infragistics.Silverlight.DragDropManager.SetDragSource(this.btn1, source);
 
    // DropTarget の作成
    DropTarget target = newDropTarget();
    target.IsDropTarget = true;
    // DropTarget のアタッチ
    Infragistics.Silverlight.DragDropManager.SetDropTarget(this.panel1, target);
 
In VB:
 
    ' DragSource の作成
    Dim source AsNew DragSource()
    source.IsDraggable = True
    ' DragSource のアタッチ
    Infragistics.Silverlight.DragDropManager.SetDragSource(this.btn1, source)
 
    ' DropTarget の作成
    Dim target AsNew DropTarget()
    target.IsDropTarget = True
    ' DropTarget のアタッチ
    Infragistics.Silverlight.DragDropManager.SetDropTarget(this.panel1, target)
 
 
ページ 1 / 1 (1 項目) | RSS
Infragistics Japan
インフラジスティックス ジャパン