[CTP] XamBarcode チュートリアル

0 ユーザーが評価
この投稿には確認済みの回答があります。 0 返信 | 1 サポーター

トップ 10 投稿者 
女性
投稿 22
IG Employee

このチュートリアルでは、NetAdvantage WPF Data Visualization  XamBarcode の使用方法を紹介します。詳細については、ここを参照してください。

バーコードは、製品 ID または製品名などの情報をスキャンが可能な画像にエンコードするために使用されます。業界および国によってバーコードの規格および書式が異なります。xamBarcode では、バーコードのタイプを選択して、簡単にエンコードする情報を設定できます。

xamBarcode でサポートされるバーコード タイプ

以下は CTP に含まれる xamBarcode で作成できるバーコード タイプです。

  • Code 39
  • Code 128
  • Ean/Upc

-      Ean 13 (JAN-13)

-      Ean 8

-      Upc A

-      Upc E

  • GS 1DataBar

-      Omnidirectional

-      Truncated

-      Stacked

-      Stacked Omnidirectional

-      Limited

-      Expanded (リリース バージョンで提供の予定)

-      Expanded Stacked (リリース バージョンで提供の予定)

  • Interleaved 2 of 5
  • Intelligent Mail
  • Royal Mail
  • Pdf 417
  • Maxi Code

各タイプ ( で表記) は、ツールボックスに追加される個々のコントロールです。サブタイプ (- で表記) を指定するには、親タイプの CodeType プロパティを設定する必要があります。

チェックサム文字 (チェックディジット)

バーコードには「チェックサム文字」 (「チェックディジットも呼ばれる」) を使用するものがあります。チェックサム文字は通常自動的に計算され、バーコードに追加される数字で、バーコードを検証するために使用します。たとえば、バーコードが無効になるか、スキャンが失敗した場合、チェックサム文字は期待される結果と一致しないため、エラーをスローします。

HRI (Human Readable Interpretation) 文字 (可読表記)

通常バーコードの下には一連の数字または文字が表示されます。この一連の数字は、チェックサムが追加されている Data プロパティです。これを「HRI 文字」と呼びます。人間はスキャナーのようにバーコードが読めないため、人間が認識できる形式が必要です。たとえば、作業員がバーコードが表す製品を探す場合、バーコードのみでは製品を識別できませんが、バーコードの下にあるテキストは作業員にとってたいへん便利です。たとえば、「12345」などの人間が認識できる形式があります。これは、12345 の製品コードがある製品のバーコードです。また、チェックサム文字がある場合、一般的に人間が認識できる形式で表示されます。

無効なバーコード データ

Data プロパティが無効な値に設定される場合、ランタイムでバーコードの代わりにエラー メッセージが表示されます。これは開発者に無効なデータを通知するためのメッセージです。CTP コントロールでは「xamBarcode」です。リリース バージョンでは、このメッセージが変更される可能性があります。

Stretch プロパティ

Stretch プロパティは含まれているコントロール内にバーコードが描画される方法を制御します。このプロパティには 4 つのオプションがあります。

  • Fill - この設定ではバーコードによってすべての使用可能なスペースが使用されます。ただし、縦横比 (幅と高さの相対サイズ) は保持されません。これにより、スキャナーで正しく読み込まれないことがあるため、スキャナーの使用は推奨されません。
  • None - バーコードは可能な限り小さいサイズを使用します。
  • Uniform - バーコードが含まれているコントロールの使用可能なスペースに収まり、縦横比も保持されます。これは Stretch プロパティのデフォルト設定です。
  • UniformToFill - バーコードが含まれているコントロールのすべてのスペースを埋めるためにサイズが設定されます。縦横比は保持されますが、バーコード全体が表示されない可能性があります。この設定もスキャナーと使用する場合には推奨されません。

 

複数バーコードのタイプがあるため、タイプによってコードが異なりますが、基本の作成方法はすべてのバーコードで同じです。

以下の手順は xamBarcode JAN-13 バーコードを作成する方法を紹介します。

1.     Visual Studio 2010 で新しい WPF アプリケーションを作成します。

2.     新しいツールボックス タブを作成します。タブの名前を「xamBarcode」に設定します。

3.     ダウンロードした CTP フォルダーから xamBarcode アセンブリをこの新しいツールボックス タブにドラッグします。バーコード コントロールがツールボックスに表示されます。

 

 

4.     XAML では、デフォルトの Grid の中に Border を追加します。この Border はバーコードの境界線を定義して、サイズを設定します。

       <Border Grid.Row="3" Height="100" Width="200" Background="White" CornerRadius="5" BorderThickness="1" BorderBrush="Black" Margin="0,5,0,0">

              <!-- バーコードの追加 -->

       </Border>

5.     JAN-13 バーコードを作成するために、XamEanUpcBarcode コントロールを使用します。このコントロールをツールボックスからドラッグして Border タグの中にドロップします。

       <igBarcode:XamEanUpcBarcode Name="xamEanUpcBarcode1" />

6.     Data プロパティがエンコードする情報を設定します。 使用可能な値はバーコードによって異なります。この場合では、JAN-13 バーコードの Data プロパティでは 12 個の数字が必要です。JAN-13 では、国を日本として設定するために、最初の 2 つの数字は 45 または 49 に設定する必要があります。次の 5 つの数字は会社または製造者コードです。次の 5 つの数字は製品コードです。チェックサム文字は自動的ににバーコードの最後に追加されます。Data プロパティに追加する必要はありません。

       <igBarcode:XamEanUpcBarcode Name="xamEanUpcBarcode1" Data="490123456789" />

7.     CodeType Data プロパティの書式に基づいて設定します。これは Ean/Upc および GS1 DataBar タイプのバーコードのみに必要です。この場合では、Data プロパティが 12 個の数字のシリーズに設定されます。チェックサム文字が自動的に追加されるため、13 個の数字の合計です。つまり、Ean13 CodeType を使用します。

       <igBarcode:XamEanUpcBarcode Name="xamEanUpcBarcode1" Data="490123456789" CodeType="Ean13" />

8.     プロジェクトを保存して実行します。HRI 文字付きバーコードで表示されます。

 

 

 

 

 

ページ 1 / 1 (1 項目) | RSS
Infragistics Japan
インフラジスティックス ジャパン