WebDataGrid 上で ASP.NET 検証コントロールを使用する方法

0 ユーザーが評価
この投稿には確認済みの回答があります。 0 返信 | 0 サポーター

トップ 10 投稿者 
男性
投稿 46
IG Employee
【概要】
WebGrid では RangeValidator や RequiredFieldValidator をはじめとする ASP.NET 標準の検証コントロールが使用できましたが、WebDataGrid 上でも同様の検証コントロールを使用することが可能です。
 
【該当するコンポーネント】
WebDataGrid
 
【該当するバージョン】
2008.1 以降
 
【記事の種類】
How-to
 
【詳細】
WebDataGrid のデザイナー画面において検証コントロールを適用させる列を選択し、 ValidatorID プロパティに使用する検証コントロールの ID を設定します。
 
① WebDataGrid タスクより[動作の編集]を選択
 
② [コアの編集機能 - セルの編集]を選択後、ColumnSettings コレクションを展開
 
③ [列の設定]ダイアログで ValidataID に使用したい検証コントロールの ID を選択
 
ページ 1 / 1 (1 項目) | RSS
Infragistics Japan
インフラジスティックス ジャパン