【KBJ10063】NetAdvantage インストール時にログファイルを作成するには

0 ユーザーが評価
この投稿には確認済みの回答があります。 0 返信 | 1 サポーター

トップ 10 投稿者 
男性
投稿 46
IG Employee
【概要】
通常 NetAdvantage のインストールはインストーラーを実行させるだけで終了しますが、時としてインストーラーが異常終了することがあります。その様な際にはインストールがどの時点で終了したのかを調べる為にログファイルを作成するオプションを付けて実行することで、原因の手掛かりとなるログファイルを作成することが可能です。
 
【該当するコンポーネント】
全てのコンポーネント
 
【該当するバージョン】
全てのバージョン
 
【記事の種類】
Tips
 
【詳細】
ログファイルをとるには下記のようなコマンドでインストーラーを起動します。
 
<インストーラーのパス>\<インストーラー ファイル名>.exe /lvx* <ログファイルのパス>\<ログファイル名>.txt
 
例えば NetAdvantage ASP.NET 2009 vol. 2 の場合には以下の様なコマンドになります。
 
<インストーラーのパス>\NetAdvantage_ASPNET_JP_20092.exe /lvx* <ログファイルのパス>\<ログファイル名>.txt
 
ページ 1 / 1 (1 項目) | RSS
Infragistics Japan
インフラジスティックス ジャパン