【KBJ10058】WebDataGrid で使用する CSS クラスの定義について

0 ユーザーが評価
この投稿には確認済みの回答があります。 0 返信 | 0 サポーター

トップ 10 投稿者 
男性
投稿 46
IG Employee
【概要】
WebDataGrid および WebHierarchicalDataGrid では行、列やセルのスタイル設定をするのに CssClass プロパティに直接 CSS クラス名を指定します。
 
【該当するコンポーネント】
WebDataGrid, WebHierarchicalDataGrid
 
【該当するバージョン】
2008 vol. 3 以降
 
【記事の種類】
Tips
 
【詳細】
以下の様な WebDataGrid で列にスタイル設定を施した場合、使用される CSS クラス(RAlign)の定義によってはスタイルが正しく適用されない場合があります。
 
        <ig:WebDataGridID="WebDataGrid2"runat="server"Height="350px"Width="400px">
            <Columns>
                <ig:BoundDataField
                  DataFieldName="FirstName"
                  Header-Text="First Name"
                  Key="FirstName"  CssClass="RAlign"  >
                 <HeaderText="First Name"/>
                </ig:BoundDataField>
                ...          
 
下記の様なクラス定義がされている場合にはセルの値は右寄せで表示されません。
 
    <styletype="text/css">
        .RAlign { text-align:right; font-weight:bold;}
    </style> 
 
セレクタを指定すると正しく右寄せで表示されるようになります。
 
    <styletype="text/css">
        tbody>tr>td.RAlign { text-align:right; font-weight:bold;}
    </style>
 
ページ 1 / 1 (1 項目) | RSS
Infragistics Japan
インフラジスティックス ジャパン