【KBJ10054】折れ線柱状チャート(ColumnLineChart)にて折れ線グラフの位置を調整するには

0 ユーザーが評価
この投稿には確認済みの回答があります。 0 返信 | 0 サポーター

トップ 10 投稿者 
男性
投稿 46
IG Employee
【概要】
折れ線柱状チャート(ColumnLineChart)を作成すると、折れ線チャートは Y軸 から描画されますが、柱状グラフと合わせて表示するように調整することも可能です。
 
【該当するコンポーネント】
 
【該当するバージョン】
全てのバージョン
 
【記事の種類】
How-to
 
【詳細】
折れ線柱状チャートでは自動的に X 軸と X2 軸が作成されます。このうち、折れ線グラフ用の水平方向軸は X2 軸です。
 
            this.ultraChart2.Axis.X2.Visible = false;
 
開始点をずらすには、X2 軸マージンの Near プロパティを設定します。
 
            // X 軸左側(0に最も近い側)のマージンを設定
            this.ultraChart2.Axis.X2.Margin.Near.MarginType = LocationType.Pixels;
            this.ultraChart2.Axis.X2.Margin.Near.Value = 10;
 
終了点をずらすには、X2 軸マージンの Far プロパティを設定します。
           
            // X 軸右側(0より最も遠い側)のマージンを設定
            this.ultraChart2.Axis.X2.Margin.Far.MarginType = LocationType.Pixels;
            this.ultraChart2.Axis.X2.Margin.Far.Value = 10;
 
以上の調整を行うことで下記の様な表示が可能になります。
 
ページ 1 / 1 (1 項目) | RSS
Infragistics Japan
インフラジスティックス ジャパン