UltraTimelineView チュートリアル

0 ユーザーが評価
この投稿には確認済みの回答があります。 0 返信 | 1 サポーター

トップ 10 投稿者 
女性
投稿 22
IG Employee

このチュートリアルでは、NetAdvantage Windows Forms の UltraTimelineView の使用方法を紹介します。

UltraTimelineView はスケジュール コントロールです。水平方向に時間の「タイム スロット」を設定して日付と時間を表します。垂直方向には「オーナー」が表示されます。予定は最小 1 つのオーナーと時間範囲を指定する必要があります。オーナーを設定しない場合、「なし」がデフォルトとして使用されます。

以下の例では、UltraTimelineView を作成し、オーナーと予定を追加します。加えてスタイルも適用します。

 

1.  新しい Windows フォーム アプリケーションを作成します。

 

2.  ツールボックスで UltraTimelineView をダブルクリックしてプロジェクトに追加します。コントロールとフォームのサイズを調節します。

 

3.  ツールボックスで UltraCalendarInfo コントロールをダブルクリックしてフォームに追加します。コントロールはフォームの下の領域に表示されます。視覚的な表現がないため、アプリケーションを実行するときには表示されません。デフォルトの名前は「UltraCalendarInfo1」ですが名前は変更できます。この例では、デフォルトの名前を使用します。

 

4.  プロジェクトを保存します。


5.  メニューで[表示] -> [コード] を選択します。Form1.cs が表示されます。


6.  InitializeCalendar() メソッドを作成します。UltraCalendarInfo に 3 人のオーナーを追加します。Form1() メソッドで、InitializeCalendar() を呼び出します。

        public Form1()

        {

            InitializeComponent();

            InitializeCalendar();

        }

 

        public void InitializeCalendar()

        {

            // オーナーを追加する

            this.ultraCalendarInfo1.Owners.Add("山本");

            this.ultraCalendarInfo1.Owners.Add("本田");

            this.ultraCalendarInfo1.Owners.Add("小谷");

        }

 

7.  UltraCalendarInfo を UltraTimelineView に設定します。この設定では、UltraTimelineView は情報を UltraCalendarInfo から取得します。デザイン ビューで UltraTimelineView を選択して、プロパティ ウィンドウで CalendarInfo プロパティを UltraCalendarInfo1 に設定します。プロパティ ウィンドウを表示されていない場合は、[表示] -> [プロパティ ウィンドウ] を選択します。または Form1.cs の InitializeCalendar() メソッドで以下のコードを追加することもできます。

this.ultraTimeLineView1.CalendarInfo = ultraCalendarInfo1;

 

8.  プロジェクトを保存して、実行します。

 

山本さんが見えますが、本田さんと小谷さんが見えていません。下にスクロールすると、他のオーナーも見えてきます。

 

全部のオーナーをスクロールしないで表示するには、行の高さを減らします。行の高さを減らすと、表示されるオーナーの数が増加します。行の高さを減らすには、オーナーの間にある線を上にドラッグします。

 

このようになります。

 

オーナーが全部見えるようになりました。

「なし」と表示されたオーナーは「未割り当てのオーナー」です。この行で各オーナーに適用するアクティビティを表示します。たとえば、休日または会社のミーティングをこの行で表示します。「なし」のオーナーを非表示にしたい場合、下のコードを使用します。

this.ultraCalendarInfo1.Owners.UnassignedOwner.Visible = false;

9.  TimeInterval を紹介します。UltraTimelineView の上に「タイム スロット」があります。予定の時間を示します。デフォルトでは 15 分の「間隔」で分割されます。アプリケーションは休日を表示する場合、PrimaryInterval を設定して間隔を変更できます。デザイン ビューで PrimaryInterval を設定できます。プロパティ ウィンドウで PrimaryInterval プロパティの隣りにある省略 (...) をクリックします。

 

 

PrimaryInterval ウィンドウの上の単位を選択し、プロパティ グリッドで表示する単位を設定できます。

たとえば、PrimaryInterval を 1 日に設定すると、間隔は 1 日間隔になります。休日やプロジェクトの概要などの表示に便利です。

この例では、1 日に設定します。デザイナーで設定すると簡単です。

コードで PrimaryInterval を設定したい場合、下のコードを InitializeCalendar メソッドに挿入します。引数は間隔の単位 (2 つ目の引数) とその数 (1 つ目の引数) を定義します。更に、「using Infragistics.Win.UltraWinSchedule;」の名前空間を Form1.cs のページの上に追加する必要があることに注意してください。

DateInterval dayInterval = new DateInterval(1, DateIntervalUnits.Days);

this.ultraTimeLineView1.PrimaryInterval = dayInterval; 

10.  同じように、AdditionalIntervals を設定できます。時間間隔は PrimaryInterval に基づいて表示されますが、その間隔を AdditionalInterval によってグループ化できます。列ヘッダーのもう 1 つの行を追加します。たとえば、PrimaryInterval は 1 日に設定される場合、1 週間の AdditionalInterval を追加できます。この例で 1 週間の AdditionalInterval を追加します。プロパティ ウィンドウで AdditionalIntervals の省略をクリックして、PrimaryInterval と同じように設定できます。

 

実行すると、このように表示されます。

 

11.  ここでは予定を紹介します。UltraTimelineView は一般的にデータ バインディングを使用します。詳細については、オンライン ヘルプでデータバインディングについてのトピックをご覧してください。この例では簡単な予定を追加します。

オーナーが「なし」と表示されていることを確認してください。表示されていない場合、手順 8 のコードを (コードの前に「//」 を追加して) コメントアウトします。

下のコードで新しい予定を作成します。InitializeCalendar メソッドに追加します。更に「using Infragistics.Win.UltraWinSchedule;」の名前空間を Form1.cs のページの上に追加する必要があることに注意してください。

// 新しい予定を作成する

 Appointment companyAnniversary = new Appointment(

   new DateTime(DateTime.Now.Year, DateTime.Now.Month, DateTime.Now.Day, 0, 0, 0),

   new DateTime(DateTime.Now.Year, DateTime.Now.Month, DateTime.Now.Day + 1, 0, 0, 0));

 

上のコードは「companyAnniversary」と言う予定を作成します。この予定は今日一日中に設定されます。このように、アプリケーションを実行するときに常に表示されます。

 

12.  予定の件名を設定して、UltraCalendarInfo の Appointments リストに追加します。

// 予定の件名を設定する

companyAnniversary.Subject = "会社の記念日";

 

// 予定を UltraCalendarInfo に追加する

ultraCalendarInfo1.Appointments.Add(companyAnniversary); 

 

13.  プロジェクトを保存して実行します。

 

 

14.  予定を指定のオーナーに設定するために、予定の Owner プロパティを UltraCalendarInfo で定義されたオーナーに設定します。たとえば、下のコードは山本さんの休み時間を設定します。

//山本さんの休み時間を設定する

Appointment vacation1 = new Appointment(

  new DateTime(DateTime.Now.Year, DateTime.Now.Month, DateTime.Now.Day + 1, 0, 0, 0),

  new DateTime(DateTime.Now.Year, DateTime.Now.Month, DateTime.Now.Day + 6, 0, 0, 0));

 

// 予定の件名を設定する

vacation1.Subject = "休み時間";

 

// 予定を山本さんに設定する

vacation1.Owner = UltraCalendarInfo1.Owners["山本"];

 

// 予定を UltraCalendarInfo に追加する

ultraCalendarInfo1.Appointments.Add(vacation1);

 

15.  スタイルを設定するために、デザイン ビューのツールボックスで UltraCalendarLook をダブルクリックします。

 

16.  UltraCalendarLook オブジェクトの ViewStyle プロパティを設定します。デザイン ビューの UltraCalendarLook スマート タグで設定できます。

 

コードで設定したい場合、「using Infragistics.Win.UltraWinSchedule;」の名前空間が必要であることに注意してください。

// スタイルを設定する

ultraCalendarLook1.ViewStyle = ViewStyle.Office2007;

17.  UltraCalendarLook を UltraTimelineView に設定します。デザイン ビューで UltraTimelineView の CalendarLook プロパティをプロパティ ウィンドウに設定できます。

 

コードでも設定できます。

// スタイルをカレンダーに適用する

this.ultraTimeLineView1.CalendarLook = this.ultraCalendarLook1;

18.  プロジェクトを保存して実行します。

 

 

ページ 1 / 1 (1 項目) | RSS
Infragistics Japan
インフラジスティックス ジャパン