xamGrid vs. xamDataGrid: 概念と機能の比較

0 ユーザーが評価
この投稿には確認済みの回答があります。 0 返信 | 1 サポーター

トップ 10 投稿者 
女性
投稿 18
IG Employee
[IG] Yoshimi 投稿済み: 2011/12/20 1:14

はじめに

この記事では、xamGrid™ と xamDataGrid™ の概念と機能を比較します。 アプリケーションにどちらのグリッドが適しているかを比較する際に参考にしてください。

内容

この記事には以下のセクションがあります:

  • 概念の比較 
    • 用語 
    • パフォーマンス 
    • レイアウト
    • 列 
  • 機能の比較 
  • xamDataGrid の機能 
  • xamGrid の機能 
  • 共通機能 
  • 関連トピック 

概念の比較

用語

xamDataGrid

xamDataGrid コントロールは、Infragistics Data Presenter シリーズに含まれるコントロールです。 xamDataPresenter、xamDataCards、xamDataCarousel など他のコントロールも含まれます。 これらのコントロールには、API 共通化による利点があります。 Data Presenter コントロールは、多数のレコード配置タイプを提供するマルチ ビューをサポートします。

xamGrid

xamGrid は、列としてデータ列を参照し、行としてデータ行を参照します。

パフォーマンス

xamDataGrid

xamDataGrid は、数千に及ぶレコードを一度に処理する機能があります。これは、仮想化やリサイクルなどによって可能となります。 詳細については、パフォーマンスの最適化トピックを参照してください。

xamGrid

xamGrid コントロールは、高パフォーマンスを念頭に開発されたコントロールです。数千列にバインドすることが可能です。 詳細については、パフォーマンス ホワイトペーパーを参照してください。

レイアウト

xamDataGrid

Data Presenter シリーズの xamDataGrid コントロールは、以下のビルトイン ビューやレコード配置などの機能を提供します。

  • 垂直 GridView
  • 水平 GridView
  • カルーセル
  • カード

xamGrid

xamGrid は、標準の垂直タブ形式に行を配置します。

xamDataGrid

xamDataGrid コントロールは、各プロパティ/データ列にフィールド オブジェクトを作成します。 単一の Field クラスおよびデフォルトで、適切なエディターがフィールドのデータ型に基づいて各関連セルに使用されます。 すべてカスタマイズすることも可能です。

以下は xamDataGrid で使用できるフィールド タイプ です。

  • アンバインド フィールド - アンバインド フィールドは、特定のデータにバインドされていない xamGrid コントロールにフィールドを追加します。詳細については、「DataPresenter コントロールにバインドされていないフィールドを追加 」を参照してください。
  • テンプレート列レイアウト - xamDataGrid コントロールは特定のテンプレート フィールドレイアウトをサポートしませんが、レコード内でセルを配置する際に高い柔軟性があります。セルを Row、Col、RowSpan および ColumnSpan に割り当てて、レコード内でレイアウトを決定できます。
  • H階層データ ビュー - xamDataGrid はデータモデルに基づいて自動的にフィールド レイアウトを作成します。
    表示フィールドの指定やフィールドに関連するプロパティを設定するために、フィールド レイアウトを手動で定義することも可能です。詳細は、「階層データの表示」トピックを参照してください。

xamGrid

xamGrid は、列タイプをカスタムに作成することが可能です。詳細については、「列」トピックを参照してください。

以下は、xamGrid でサポートされる列タイプ です。

  • U非バインド列は、この列タイプは、特定なデータにバインドしていない xamGrid コントロールに列を追加できます。ただし、計算された値を表示するために ValueConverter を使用します。詳細については、「非バインド列 」トピックを参照してください。
  • Fフィルター列 - この列は xamGrid コントロールの残りのスペースを埋めます。 詳細については、 「フィラー列」トピックを参照してください。
  • 列タイプ マッピング -  データ型に基づいて列が自動的に生成されます。列タイプ マッピングを変更してこれをオーバーライドできます。詳細については、「列タイプ マッピングの変更」を参照してください。
  • テンプレート列レイアウト -  xamGrid のテンプレート列にカスタム コンテンツを表示できます。 詳細については、「テンプレート列のレイアウト 」を参照してください。
  • グループ列 - GroupColumns を使用すると、複数列を単一の共通ヘッダーでグループ化できます。詳細については、「グループ列」トピックを参照してください。
  • 階層データ ビュー - xamGrid は、列レイアウトと呼ばれる概念を使用して、表示する列、および列の配置方法を決定します。 グリッド内で複数の ColumnLayout オブジェクトを定義でき、それによって階層的なデータ構造を表示できます。各列のレイアウトは xamGrid で定義されたその他のレイアウトからは通常独立しています。詳細については、「列レイアウトの定義」を参照してください。

機能比較チャート

機能が両方のグリッドでサポートされる場合に、そのサポート方法が異なる項目には (*) が付いています。

以下は、各サポート機能の詳細です。

機能カテゴリー   機能xamGridxamDataGrid
xamDataGrid のみ         DataValueChanged および DataValueHistory イベント いいえ はい
水平/垂直 グリッド カスタム ビュー     いいえ はい
行固定 いいえ はい
印刷 いいえ はい
元に戻す / やり直し 操作 いいえ はい
xamGrid のみ 条件付き書式 はい いいえ
セルの結合 はい いいえ
ページング はい いいえ
セル値ツールチップ はい いいえ
共通機能 列選択* はい はい
列移動* はい はい
列のサイズ変更* はい はい
コピー / 貼り付け サポート* はい はい
遅延スクロール* はい はい
データ編集* はい はい
Excel エクスポート はい はい
Word エクスポート はい はい
フィルタリング* はい はい
列固定* はい はい
バイディレクショナル サポート はい はい
行選択* はい はい
行ホバー はい はい
選択* はい はい
並び替え* はい はい
集計* はい はい
仮想化* はい はい

xamDataGrid 機能

以下の表は、xamDataGrid コントロールでサポートされる機能の一覧です。

機能概要
グリッド方向およびカスタム ビュー グリッド方向 (水平または垂直) は、xamDataGrid の ViewSettings プロパティで管理されます。 カスタム ビューは、xamDataPresenter の VIew プロパティを介して割り当てることが可能です。xamDataCards および xamDataCarousel コントロールは、これら 2 つのビューを簡略化します。
DataValueChanged およびDataValueHistory イベント

DataValueChanged および DataValueHistory イベントは、フィールドのセル値の変更履歴をトラッキングできます。

詳細については、「DataValueChangedEvent について」を参照してください。

行固定

xamDataGrid は、グリッドの右領域または左領域にレコードを固定できます。この機能は、DataPresenter コントロール ファミリに共通する機能です。

詳細については、「レコードの固定」トピックを参照してください。

印刷

xamDataGrid は表形式データの印刷をサポートします。この機能は、DataPresenter コントロール ファミリに共通する機能です。

詳細については、「印刷」トピックを参照してください。

元に戻す / やり直す 操作

xamDataGrid コントロールで元に戻す/ やり直し操作を有効にできます。 ユーザーは、ユーザー インターフェイスで変更を元に戻す/ やり直しすることが可能です。

詳細については、「元に戻す操作」トピックを参照してください。

xamGrid 機能

以下の表は、xamGrid コントロールでサポートされる機能の一覧です。

機能概要
条件付き書式

条件付き書式は、グリッドのセル列などで特定の値の検証し、条件に一致するセルに特定の外観を適用することができます。

詳細については、「条件付き書式」トピックを参照してください。

セルの結合

セルの結合機能は、グループ化したデータの表示をサポートします。グループ ヘッダーを縮小するのに対して、セルを結合してグループ化を表示します。この場合、GroupBy 機能を使用します。

.詳細については、「結合セル」トピックを参照してください。

ページング

xamGrid コントロールのページング メカニズムにより改ページ機能を提供します。ページ サイズとデータ ソースのレコードの合計数によってページ数が決定されます。xamGrid コントロールは、ユーザーのページ ナビゲーションに従って各ページに新しいデータを取得します。

詳細については、「ページング」トピックを参照してください。

セル値ツールチップ

ユーザーがセルをマウスオーバーしたときに表示するツールチップを列ごとに設定でき、セルのコンテンツ全体を表示できます。

詳細については、「ツールチップ」トピックを参照してください。

共通機能

以下の表は、xamGrid および xamDataGrid でサポートされる機能の一覧です。 また、各コントロールで機能がどのようにサポートされるかについての情報を提供します。 機能が両方のグリッドでサポートされる場合に、そのサポート方法が異なる場合は (*) が示されます。

機能xamGrid 機能概要xamDataGrid 機能概要
列選択*

列選択はグリッド内に表示されます。ユーザーは、列に表示されるインジケーターを使用して列を非表示にできます。

詳細については、「セル選択」トピックを参照してください。

フィールド選択を新しいウィンドウで表示し、ユーザーによるフィールドの表示/非表示がチェック ボックスまたはフィールド選択で可能となります。 フィールド選択ユーザー インターフェイスは、グリッドまたはフィールドで使用できません。 フィールド ヘッダーの非表示列にインジケーターを表示できないため、ユーザーはフィールドヘッダーをグリッドの外側へドラッグして非表示にできます。.

詳細については、「フィールド選択の表示」トピックを参照してください。

列移動* 列移動オプション:
  • Indicator
  • Immediate
  • Disabled

詳細については、「列移動」トピックを参照してください。

列移動オプション:
  • Indicator
  • Disabled
列サイズ変更* 表示サイズ変更オプション:
  • Indicator
  • Immediate
  • Disabled

列サイズ変更オプション:

  • Auto
  • Initial Auto
  • Numeric
  • Size to Cell
  • Size to Header
  • Star

.詳細については、「列のサイズ変更」トピックを参照してください。

表示サイズ変更オプション:
  • Indicator
  • Immediate
  • Deferred
  • Disabled

列サイズ変更オプション:

  • Auto
  • Initial Auto
  • Numeric
  • Star

詳細については、「フィールドのサイズ変更」トピックを参照してください。

コピー/貼り付け サポート* コピーおよび貼り付けはイベントを使用します。 ユーザーは、選択設定 (列ヘッダを含むことも可能) に従ってセル グループのコピーが可能です。

詳細については、「コピー貼り付けのサポート」トピックを参照してください。

ユーザーは、選択設定 (列ヘッダを含むことも可能) に従ってセル グループのコピーが可能です。 

既存の列に張り付けてセル データを上書きし、追加の空行に張り付けて新しいレコードを挿入することも可能です。

詳細については、「クリップボード操作」トピックを参照してください。

遅延スクロール* 遅延スクロールは、グリッドの最初の行からスクロールします。

グループ化された行をスクロールする際に使用するテンプレートをカスタマイズできます。

詳細については、「遅延スクロールを有効にする」トピックを参照してください。

ユーザーがスクロールつまみをドラッグすると遅延スクロールが開始されます。 レコードで現在のスクロール位置を示すスクロール ヒントを表示します。

スクロールヒントを表示するテンプレートは、カスタマイズ可能です。

詳細については、パフォーマンスの最適化を参照してください。

データ編集* xamGrid はセルと行の編集が可能です。

行編集が有効な場合、セルの変更はすべての行が完了するまで確定されません。変更がキャンセルされるとすべての行がキャンセルされます。

xamGrid は編集で制限を許可しません。ただし、値コンバーターを使用してカスタムな制限を作成できます。

詳細については、「データの編集」トピックを参照してください。

xamGrid は、フィルター メニューまたはフィルター行でフィルターができます。

フィルター メニューには、演算子および一意のリストがあります。

xamDataGrid は、特定のセルの編集で最小または最大範囲などの制限を追加できます。

詳細については、「データの編集」トピックを参照してください。

Excel エクスポート Export へのエクスポートが可能です。

詳細については、「Excel へのエクスポート」トピックを参照してください。

Export へのエクスポートが可能です。

詳細については、「Excel へのエクスポート」トピックを参照してください。

Word  エクスポート Word へのエクスポートが可能です。

詳細については、「Word へのエクスポート」トピックを参照してください。

Word へのエクスポートが可能です。 

詳細については、「Word へのエクスポート」トピックを参照してください。

フィルタリング* xaxamDataGrid は、フィルター メニューまたはフィルター行でフィルターができます。

フィルター メニューにカスタムな条件を入力して、特定の値の範囲でフィルターすることが可能です。

列タイプによってフィルターすることも可能です。

詳細については、「レコード フィルタリング」トピックを参照してください。

xamDataGrid は、フィルター メニューまたはフィルター行でフィルターができます。

フィルター メニューにカスタムな条件を入力して、特定の値の範囲でフィルターすることが可能です。列タイプによってフィルターすることも可能です。たとえば Date 列を 1 月でフィルターすることが可能です。

詳細については、「レコード フィルタリング」トピックを参照してください。

列固定 * 列固定オプション :
  • Indicator
  • DropArea
  • Both
  • Disabled

ドロップ領域の位置:

  • Left
  • Right

詳細については、「固定列」トピックを参照してください。

列固定オプション:
  • Indicator
  • DropArea
  • Both
  • Disabled

ドロップ領域の位置:

  • Near
  • Far

DataPresenter コントロール ファミリは、固定フィールド スプリッターで複数フィールドを一度に固定することが可能です。

詳細については、「固定列」トピックを参照してください。

右から左方向言語 右から左方向言語 (RTL)  およびバイディレクショナル言語 (BiDi) をサポートします。 

詳細については、「右から左の双方向言語のサポート」トピックを参照してください。

右から左方向言語 (RTL)  およびバイディレクショナル言語 (BiDi) をサポートします。

詳細については、「右から左へのサポートを有効にする」トピックを参照してください。

行ホバー 行ホバー タイプ:
  • Cell (デフォルト)
  • None
  • Row

詳細については、「行ホバー タイプの変更」を参照してください。

行ホバー タイプ :
  • Cell (デフォルト)
  • None
  • Row
選択 選択オプション :
  • Multiple
  • None
  • Single

選択は、セルと行の同時選択を含む、セル、行、列でサポートされます。

詳細については、「選択」トピックを参照してください。

選択オプション:
  • Default
  • Extended
  • ExtendedAutoDrag
  • None
  • Range
  • Single
  • SingleAutoDrag

選択は、セルと行の同時選択を含む、セル、行、列でサポートされます。

詳細については、「選択の概要」トピックを参照してください。

並べ替え 並べ替えを有効または無効にできます。LINQ は、xamGrid コントロールで行の並べ替えに使用されます。

詳細については、「並べ替え」トピックを参照してください。

LabelClickAction オプション:
  • Default
  • Nothing
  • SelectField
  • SortByMultipleFields
  • SortByMultipleFieldsTriState
  • SortByOneFieldOnly
  • SortByOneFieldOnlyTriState

xamDataGrid は、GroupBy 行で追加の並べ替え パスもサポートします。

詳細については、「並べ替えについて」トピックを参照してください。

集計

xamGrid は、 データ集計の表示をサポートします 。

詳細については、「集計」トピックを参照してください。

xamDataGrid は、データ集計の表示をサポートします。

xamDataGrid は、xamCalculationManager コントロールと統合されているため、計算結果が集計行に表示されます。

詳細については、「行集計」および「xamCalculationManager と xamDataGrid の使用」トピックを参照してください。

仮想化      xamGrid コントロールは、常に仮想化します。プリロード モードはありません。

ただし、特定の高さおよび幅が設定されている場合は仮想化しません。

詳細については、「仮想化」トピックを参照してください。

xamDataGrid には、レコードやセルの可視化に関連する以下のオプションがあります。
  • Recycle
  • Virtualize
  • Preload
  • Lazy Load

詳細については、「パフォーマンスの最適化」トピックを参照してください。

関連トピック

以下はこの記事に関連するトピックです。

 

English version:http://blogs.infragistics.com/blogs/engineering/archive/2011/11/11/xamgrid-vs-xamdatagrid-conceptual-and-feature-comparison.aspx

 

ページ 1 / 1 (1 項目) | RSS
Infragistics Japan
インフラジスティックス ジャパン