【KBJ10016】InitializaeLayout イベント内でグリッドの設定を行う

0 ユーザーが評価
この投稿には確認済みの回答があります。 0 返信 | 1 サポーター

トップ 10 投稿者 
男性
投稿 46
IG Employee
【概要】
UltraWebGrid の各種設定を行うには InitializeLayout イベント内で行うことが推奨されます。InitializeLayout イベントはコントロールのデータバインディング ロジック内でグリッドのバンドおよび列がロードされ、データ行がバインドされる直前に発生します。 このイベントはアンバウンド列を追加したり、特定の列やバンドを非表示に設定するのに使用されます。またバンドや列のプロパティ設定が一括して行われる場所としても使用されます。
 
【該当するコンポーネント】
UltraWebGrid
 
【該当するバージョン】
全てのバージョン
 
【記事の種類】
Tips
 
【詳細】
Visual Basic:
 
Private Sub UltraGrid1_InitializeLayout(ByVal sender As Object, ByVal e As Infragistics.WebUI.UltraWebGrid.LayoutEventArgs) Handles UltraWebGrid1.InitializeLayout

With e.Layout.Bands(0).Columns

.FromKey("ManufacturerName").HeaderText = "Manufacturers"
.FromKey("ManufacturerID").Hidden = True
' Add an unbound column to Bands(0) for the car's image
.Bands(0).Columns.Insert(0, "CarImage")
.Bands(0).Columns.FromKey("CarImage").HeaderText = "Image"

End With

End Sub
 
C#:
 
private voidUltraWebGrid1_InitializeLayout(font color="0000ff" size="2">object sender, Infragistics.WebUI.UltraWebGrid.LayoutEventArgs e)
{

e.Layout.Bands[0].Columns.FromKey("ManufacturerName").HeaderText = "Manufacturers";
e.Layout.Bands[0].Columns.FromKey("ManufacturerID").Hidden = true;
// Add an unbound column to Bands(0) for the car's image
e.Layout.Bands[0].Columns.Insert(0, "CarImage");
e.Layout.Bands[0].Columns.FromKey("CarImage").HeaderText = "Image";

}
ページ 1 / 1 (1 項目) | RSS
Infragistics Japan
インフラジスティックス ジャパン