NetAdvantage ICONS の XAMLフォーマット

Posted 2009/10/20 21:38 by Tatsuya Yamada's blog

トーン&マナーが統一されていて、特定の業務ですぐに使えるアイコン集ということで大人気の NetAdvantage ICONS シリーズですが、このたびXAML形式のサポートが追加されました。

 

これは従来PNG,ICO形式でご提供していた画像のXAMLフォーマット版ファイルのご提供となります。

下のスクリーンショットは、Expression Blend3 上で椅子アイコンの色を変えてみたところです。このようにXAML形式になることで、画像のサイズや形態、色調などを簡単に変えることができるようになります。

 

clip_image002

 

今回追加されたXAML形式の取得方法ですが、通常の製品のダウンロード同様、製品ご登録ユーザーでログインいただき、、「登録情報→キーと製品のダウンロードページ」からICONパックごとにダウンロードする形となります。

 

image

 

落としたファイルを解凍すると、各プラットフォームごとのソリューションフォルダーが出てきますので、Visual Studio なり Expression Blend なりで開いてください。

image

 

ICONSはもともと多くのサイズやマウスホバー、使用不可などの状態、さまざまなアドーナーのパターンをご用意しているのが特徴ですので、基本的には多くのケースでそのままお使いいただけるのですが、どうしてもちょっとだけ変えたい、といったときにXAML上で編集を行うことができます。また、WPFやSilverlightならではのアニメーション効果や3Dエフェクトも追加することができますので、単なる静止画アイコンというよりも適用範囲が大きく広がると思います。

 

ちなみに、NetAdvantage ICONS のカスタマイズ可否についてはよくご質問をいただく点なのですが、ICONSをお客様側でカスタマイズいただき、製品に組み込んで販売するといったシナリオでご利用いただくことは全く問題がありません。ただし、カスタマイズされたアイコン自体を製品として再販を行うのはライセンス上NGとなります。詳しくは弊社セールス&サポートまでお問い合わせください。

の全ての投稿を閲覧する