NetAdvantage for WPF 2008 Volume 1 日本語版 その6 - xamDataPresenter

NetAdvantage for WPF 2008 Volume1 の新機能についての連載、まだまだ続きます。

 

過去の記事一覧はこちら

 

1.     NetAdvantage for WPF 2008 Volume 1 日本語版 その1 - 概要

2.     NetAdvantage for WPF 2008 Volume 1 日本語版 その2 - グリッド系機能

3.     NetAdvantage for WPF 2008 Volume 1 日本語版 その3 - xamChart (チャートコントロール)

4.     NetAdvantage for WPF 2008 Volume 1 日本語版 その4 - xamRibbon (リボンコントロール)

5.     NetAdvantage for WPF 2008 Volume 1 日本語版 その5 - xamDockManager

 

6弾の今回は、xamDataPresenterをご紹介します。

 

本連載上(その2-グリッド系機能)でxamDataGrid が紹介されましたが、xamDataGrid で使用されるエンジンを元にデータ管理に必要とされる様々な機能を提供し、拡張可能なフォーマットを使用したプレゼンテーションを実現するのがxamDataPresenterです。

 

多彩なプレゼンテーション フォーマット

データと管理機能はそのままに、WPFの能力を生かした視覚効果の高いプレゼンテーションを実現。xamDataPresenter には標準でグリッド ビューカルーセルビュー が用意されています。もちろん、まったく新しい表示方法をプラグインすることも可能です。

 

左はグリッドビュー。右は同じデータをもとにカルーセルビューで表示 

グリッドビュー(左)とカルーセルビュー(右) 

 

データ管理エンジン

ソート、グループ化、サマリ、リサイジング、データ編集コントロールのサポートやリレーションの自動発見などの豊富なデータ管理機能が様々なプレゼンテーションフォーマットで使用可能です。

 

グループ化機能 

グループ化

 

サマリ機能

サマリ機能 

 

新規行追加 

 レコード追加行

 

パフォーマンス

仮想化、遅延ロード技術の採用によりビジネスシーンでの使用にも十分耐えうるようパフォーマンス第一を念頭において開発されています。

 

WPFのHi-Fiグラフィックを生かした表現をアプリケーションに導入するにはもってこいの xamDataPresenterです。

 

次回は涙の最終回、xamEditor です。

 

(追記:NetAdvantage for WPF 2008 Volume 1 日本語版は近日発売予定ですが、先行して 2007 Volume 1 を試していただくことをお勧めします!Idea サブスクリプション期間内であれば 2008 Volume 1 発売時には無償アップグレードが可能です。)

の全ての投稿を閲覧する

Powered by Community Server (Commercial Edition), by Telligent Systems