WPF と UX なBlog

タグで参照

すべてのタグ » [WPF] » インフラジスティックス » Infragistics (RSS)
[WPF] XamDateTimeRangeSlider を利用した XamDataGrid のデータ フィルタリング [Tips]
今回はインフラジスティックスの海外拠点にて情報を発信している、 Kiril Matev のブログから NetAdvantage for WPF LOB に含まれている、 XamDateTimeRangeSlider と XamDataGrid を連携させてわかりやすいフィルタリングを実現する記事をご紹介します。 Kiril Matev - Quickly Filter your Infragistics XamDataGrid Data Using a XamDateTimeRangeSlider...( read more )
NetAdvantage WPF 2010 Volume2 新機能 – Design Time eXperience
  ・デザイン時のスマート タグ Windows Form ではおなじみのスマート タグがVolume 2では多くのコントロールで追加されました。デザイン時の作業効率を向上させます。 ・xamColorPicker カラー ピッカーコントロールが追加され、アプリケーションにおいて色を選択する際に活用できるようになっています。 ・Scenic リボン テーマ   Windows7, Office 2010 で採用された Scenic リボン テーマを実現しました! また、2010...( read more )
NetAdvantage WPF 2010 Volume2 スタートアップ ソリューション
先月リリースされた NetAdvantage 2010 Volume 2 にはいままでどおりコントロールの動作を確認する サンプル ブラウザー と、ソリューションを紹介する サンプル ショーケース の 2 つが提供されていますが、サンプル ブラウザーが紹介している機能が多すぎる、またコードが複雑だというお声にお応えして スタートアップ ソリューション を提供しています。 こちらをクリックすると Visual Studio 2010 に対応したソリューションが起動します。 起動すると とシンプルなアプリケーションが起動します。...( read more )
[WPF] xamTilesControl チュートリアルが CodeZine で公開されました [Tips]
先日リリース されたばかりの NetAdvantage WPF 2010 Volume.1 ですが、つい先ほど CodeZine にて xamTilesControl を使ったチュートリアル記事が公開されました。 最初の一歩として是非ご覧ください!! [CodeZine] Visual Studio 2010 と WPF でデータをタイル表示するアプリケーションを作成しよう この記事では Visual Studio 2010 RC (英語版) と Expression Blend 4 Beta ...
NetAdvantage WPF 2010 Volume1 はこうなる!
先ほどは NetAdvantage Windows Forms の新機能を紹介しましたが、2010 Volume1 の WPF においても見逃せない機能が追加されます! VS2010 では WPF 開発を強力にサポートしていますので、2008で開発されていた方も、そうでない方も是非チェックしてみてください。   さて、新機能はこちら ・xamDataCards NEW!! DataGrid のようなデータを「行」で表示するのではなく、「カード」として表現するコントロールが、 Data Presenter...
12/26 プログラミング生放送 第 2 回におじゃましました [WPF]
さて、先日の 予告 通り 12/26 にプログラミング生放送第 2 回にお邪魔しました。 勉強会の主旨から、XAML のさわりの触りを簡単にお話させていただいた後、無料で使えるグリッド! ということで、 英語版で提供されている、 NetAdvantage for WPF Express についてちょっと紹介しました。 日本語版では提供されておらず、またサポートもしていないのですが、 xamDataGrid を期間制限なしで使うことができます。 ただし、2009 Volume1, 2009 Volume2...
DevDays6 と MVVM
10月のイベントから丸1カ月、サンプルソリューションを公開するのが遅れてしまいました。大変申し訳ありません。 こちらにダウンロードリンクをご用意しましたのでご参考になれば幸いです。 スライド サンプルソリューション サンプルの実行には Visual Studio 2008 SP1 並びに、 SQL Server 2008 Express Edition 以上が必要となりますのでご注意ください。 SQL Server 2008 Express Edition 以外をご使用の方は環境に合わせて App...
[Win] NetAdvantage for WinClient 2009 Volume2 [WPF]
2009 年 4 月に 製品ラインナップ の変更が行われ、Windows クライアント用に Windows Forms , WPF 対応コンポーネントをまとめた NetAdvantage for WinClient が発売開始されたわけですが、現在、次期バージョンの開発が順調に進んでいます。 そこで今回から複数回に分けて新コントロール、新機能の紹介をおこなっていきます。 さて、2009 Volume2 の個人的な最大の見どころとしては、 Windows Forms に追加された新コンポーネントでしょう...
[WPF] xamDataGrid に DB から取得したデータを表示させる [Tips]
もう2日ほど経ってしまいましたが、 CodeZine にて NetAdvantage WPF の xamDataGrid と xamOutlookbar を組み合わせ、サーバーよりデータを取得するという題材で記事を執筆しましたので、ご興味のある方は是非ご覧下さい。 テーマの変更についてはコードを記述せずにデータ バインディングのみで行えるようにしていますので、ご参考になれば。 ではでは。...( read more )
[WPF] Project Aqua!!
先日、ウェスティンホテル東京にて インフラジスティックス Developer Days5 が開催されました。 塚越の Blog でも言及されていますが、当日は会場の収容人員100名前後のところに96名という多くの参加者がいらっしゃいました。 久しぶりの大人数の前でのセッションということで少し緊張気味でしたが、なんとか無事に話し終えることができました。 2番目のデモではDBからの接続、機能紹介とさらに仮想化技術について実演するつもりだったのですが、VSが不安定だったため、デモの半分ぐらいをお見せすることができませんでした...
[Tips] xamDataGrid #5 フィールドの表示、非表示を切り替えるには その2 [WPF]
前回は xamDataGrid のフィールドの表示、非表示制御をデータ バインディングとカスタム コンバーターを用いて実現しましたが、全ての列が非表示可能となってしまいました。 今回は予告通り Primary 列を非表示とさせないよう設定します。 xamDataGrid で使用されている Field クラスには IsPrimary というプロパティが存在し、この値を参照することによって主フィールドであるかどうかを判定できます。このプロパティが False の場合のみ、 IsCheckable プロパティ...
[Tips] xamDataGrid #4 フィールドの表示、非表示を切り替えるには  その1 [WPF]
Windows エクスプローラーでは列を右クリックすると、項目の表示、非表示を選択する事ができます。 最近、xamDataGrid で同じように列の表示、非表示を行うにはどうすればいいかという問い合わせを受けました。 Windows Forms ではデータのバインド時に、コードにてメニュー項目を作成し、クリックイベントを制御すると思いますが、データ バインディングを用いても同様の処理を実現することができます。 まずは Window に xamDataGrid を追加し、サンプルデータをバインドさせます...
[Tips] xamRibbon #4 – QAT ってなんでしょう? [WPF]
以前のxamRibbon Tips: #1 - XamRibbonWindow を作成するには #2 – アプリケーション メニューとメニュー項目の説明 #3 – リボン タブ/リボン グループを設定する 注: NetAdvantage for WPF を用いた Microsoft Office 2007 UI 互換機能をアプリケーションに組み込む場合、無償の Office UI ライセンス を取得する必要があります。 今回のお題: QAT ってなんでしょう? Microsoft Office を使用すると...
[Tips] xamRibbon #3 - リボン タブ/リボン グループを設定する [WPF]
以前のxamRibbon Tips: #1 - XamRibbonWindow を作成するには #2 – アプリケーション メニューとメニュー項目の説明   注: NetAdvantage for WPF を用いた Microsoft Office 2007 UI 互換機能をアプリケーションに組み込む場合、無償の Office UI ライセンス を取得する必要があります。 Microsft Excel 2007などを実行すると今までのバージョンとは似ても似つかないインターフェースになっていました...
[Tips] xamChart #1 - キャッシング返済シミュレータ [WPF]
ここ数年グレーゾーン金利やリボ払いによる問題などキャッシングにまつわる問題が多発していますよね?私個人はめったに(というか1-2回ほど)キャッシングをしないのですが、クレジット カードでの買い物はよくしちゃいます。 手持ちのお金がない時や分割で払える利点などついつい調子にのっていて請求額がきてびっくりすることもあったり・・・返済計画をきちんと考えないといけません。 今回はその返済計画の手助け・・・には多分なりませんがキャッシングの返済シミュレータのチュートリアルが CodeZine で公開されましたのでご紹介します...
その他の投稿 次ページ »