WPF と UX なBlog

タグで参照

すべてのタグ » UX » インフラジスティックス » Silverlight (RSS)
[12.1] [XAML] [Metro] カラーチューナー [WPF] [Silverlight]
NetAdvantage for Silverlight / WPF では、2012 Volume1 からコントロールのテーマと外観を簡単に設定できる、カラーチューナー機能が追加されました。この機能を利用すると、配置したコントロールの外観をある程度簡単にコントロールすることが可能になります。 必要な環境 Visual Studio 2010 Professional 以上のエディション (Visual Studio の拡張機能を利用しているため、Express では利用することができません) NetAdvantage...( read more )
[LightSwitch] NetAdvantage for Visual Studio LightSwitch - Chart
前回 は NetAdvantage for Visual Studio LightSwitch の シェル エクステンションをご紹介しましたが、今回はコントロール エクステンションとして提供されているチャート コントロールを利用してみます。 前回のソリューションを通常シェル・テーマに戻して表示   顧客に紐付く受注情報をチャート表示させます。 チャート設定 まずはスクリーン デザイナーで Orders の UI 要素をデータ グリッドから Infragistics Data Chart...( read more )
[WP] Windows Phone アプリケーションで情報表示 – xamInfoBox [Silverlight]
NetAdvantage for Windows Phone には情報表示を目的とした xamInfoBox が提供されています。このコントロールはエンド ユーザーに対して注目してほしい情報を提示する方法を提供しています。 例えばスライダー表示 xamNumericSlider を配置した状態ではエンドユーザーに対して現在値を表示することができません。 情報表示の方法としては TextBlock にバインド <ig:XamNumericSlider HorizontalAlignment="Left"...( read more )
Developers Summit 2011 に登壇しました!
去る 2011 年 2 月 17 日 – 18 日に目黒雅叙園で開催された Developers Summit 2011 に登壇してきました。 当日のお題は「モバイル開発における UI/UX の考え方」と題して PC アプリケーションとモバイルアプリケーション開発での UI/UX の違いについてお話させていただきました。 内容は基本的なものでしたので、既にモバイル開発を行われている方々にとっては物足りなかったかもしれませんが、 ずっと PC アプリケーション開発を行ってこられた方にとっては基本的な考え方を理解いただけたかと思います。...( read more )
MSC 2010 / PDC 10 参加・ 技術ひろば.net に登壇しました
11/25 – 26 に ザ・プリンス パークタワー東京で開催された The Microsoft Conference Japan Tour 2010 / PDC 10 に参加してきました。 http://www.microsoft.com/japan/cloud/msc2010/default.mspx マーケティング担当の Blog でも告知させて頂きましたが、今回、2日目のセッションで Visual Studio LightSwitch の検証結果について 10 分ほどお話させていただきました。...( read more )
Quince と デザイン パターン
前回に引き続き、Quince の PM である、Ambrose Little の Blog から Quince とデザイン パターンについてご紹介したいと思います。 原文は こちら デザイン パターンとは? 「デザイン パターンは何ですか?」、「パターンの作成する方法は?」などの質問がよくあります。デザイン パターンの表現は多くありますが、Alexandrian 氏(デザイン パターン開発者の Christopher Alexander 氏) の作成方法を使用しています。「デザイン パターン」の定義はあいまいですが...
[WPF] Project Aqua!!
先日、ウェスティンホテル東京にて インフラジスティックス Developer Days5 が開催されました。 塚越の Blog でも言及されていますが、当日は会場の収容人員100名前後のところに96名という多くの参加者がいらっしゃいました。 久しぶりの大人数の前でのセッションということで少し緊張気味でしたが、なんとか無事に話し終えることができました。 2番目のデモではDBからの接続、機能紹介とさらに仮想化技術について実演するつもりだったのですが、VSが不安定だったため、デモの半分ぐらいをお見せすることができませんでした...