WPF と UX なBlog

Recent Posts

Tags

Community

Email Notifications

Archives

タグで参照

すべてのタグ » UX » Visual Studio (RSS)
[LightSwitch] NetAdvantage for Visual Studio LightSwitch - Chart
前回 は NetAdvantage for Visual Studio LightSwitch の シェル エクステンションをご紹介しましたが、今回はコントロール エクステンションとして提供されているチャート コントロールを利用してみます。 前回のソリューションを通常シェル・テーマに戻して表示   顧客に紐付く受注情報をチャート表示させます。 チャート設定 まずはスクリーン デザイナーで Orders の UI 要素をデータ グリッドから Infragistics Data Chart...( read more )
[LightSwitch] NetAdvantage for Visual Studio LightSwitch – Shell [Silverlight]
マーケティング担当塚越の エントリ にもありましたが、 NetAdvantage for Visual Studio LightSwitch がリリースされました! 今回はシェルを利用する方法をご紹介します。 データ定義 まずは、外部データソースにアタッチ     各テーブルが読み込まれました。 スクリーン追加 一覧および詳細画面を追加 実行すると、選択した顧客に紐付いた購入情報がグリッドで表示されます。   他にも画面を作成していきます。 ここまではいつも通りですね...( read more )
[WP] xamInfoBox の位置を揃える – XamVisualTreeHelper [Silverlight]
以前のエントリ で xamInfoBox を利用した Windows Phone アプリケーションの情報表示を行いましたが、xamSlider のつまみに XAML で位置を指定するとずれてしまう場合があります。例えば、 RelativeToElementPlacement = “Bottom” と設定すると・・・ <ig:XamNumericSlider HorizontalAlignment="Left" Margin="12,116,0,0" Name="xamNumericSlider2"...( read more )
[Silverlight][WP7] NetAdvantage for Windows Phone CTP でコンパスを作ってみる その3 [CTP]
これまでのあらすじ [Silverlight][WP7] NetAdvantage for Windows Phone CTP でコンパスをつくってみる その1 [CTP] [Silverlight][WP7] NetAdvantage for Windows Phone CTP でコンパスを作ってみる その2 [CTP] 現在実装されている機能 方角を取得する or ランダムなテストデータを一定間隔で生成する機能 設定されたデータを表示するゲージ機能 今回はコンパスらしい表現になるように頑張ってみます。...( read more )
[LightSwitch] エクステンション作成セッションしました! – Control Extension [Silverlight] [Tips]
4/23 わんくま同盟さんの 東京勉強会で LightSwitch の拡張機能 = エクステンションについての セッションを行いました。 LightSwitch 単体でも色々なアプリケーションを作ることが可能ですが、エクステンションを組み込むと機能や表現力を拡張することが可能です。 今回の題材は LightSwitch Team Blog - LightSwitch Beta 2 Extensibility “Cookbook” からです。   こんな画面が こんなのに (。。。表示がお見苦しい点はご容赦下さい)...( read more )
Developers Summit 2011 に登壇しました!
去る 2011 年 2 月 17 日 – 18 日に目黒雅叙園で開催された Developers Summit 2011 に登壇してきました。 当日のお題は「モバイル開発における UI/UX の考え方」と題して PC アプリケーションとモバイルアプリケーション開発での UI/UX の違いについてお話させていただきました。 内容は基本的なものでしたので、既にモバイル開発を行われている方々にとっては物足りなかったかもしれませんが、 ずっと PC アプリケーション開発を行ってこられた方にとっては基本的な考え方を理解いただけたかと思います。...( read more )
MSC 2010 / PDC 10 参加・ 技術ひろば.net に登壇しました
11/25 – 26 に ザ・プリンス パークタワー東京で開催された The Microsoft Conference Japan Tour 2010 / PDC 10 に参加してきました。 http://www.microsoft.com/japan/cloud/msc2010/default.mspx マーケティング担当の Blog でも告知させて頂きましたが、今回、2日目のセッションで Visual Studio LightSwitch の検証結果について 10 分ほどお話させていただきました。...( read more )
[WPF] Project Aqua!!
先日、ウェスティンホテル東京にて インフラジスティックス Developer Days5 が開催されました。 塚越の Blog でも言及されていますが、当日は会場の収容人員100名前後のところに96名という多くの参加者がいらっしゃいました。 久しぶりの大人数の前でのセッションということで少し緊張気味でしたが、なんとか無事に話し終えることができました。 2番目のデモではDBからの接続、機能紹介とさらに仮想化技術について実演するつもりだったのですが、VSが不安定だったため、デモの半分ぐらいをお見せすることができませんでした...
Developer Days5 !
もう、 こちら のエントリにてご存知かもしれませんが、初夏恒例の インフラジスティックス Developer Days5 が 2009 年 6 月 18 日 (水) に開催されます! 会場は東京、恵比寿のウェスティンホテル東京というなんか豪華な会場となりました。 今回は現在の経済を反映して、   「コスト削減とUX向上を同時に実現するカシコイ.NET開発」   と題して各セッションが構成されています。 私は WinClient 担当として Windows Forms, WPF...
[Tips] xamRibbon #4 – QAT ってなんでしょう? [WPF]
以前のxamRibbon Tips: #1 - XamRibbonWindow を作成するには #2 – アプリケーション メニューとメニュー項目の説明 #3 – リボン タブ/リボン グループを設定する 注: NetAdvantage for WPF を用いた Microsoft Office 2007 UI 互換機能をアプリケーションに組み込む場合、無償の Office UI ライセンス を取得する必要があります。 今回のお題: QAT ってなんでしょう? Microsoft Office を使用すると...
[Tips] xamRibbon #3 - リボン タブ/リボン グループを設定する [WPF]
以前のxamRibbon Tips: #1 - XamRibbonWindow を作成するには #2 – アプリケーション メニューとメニュー項目の説明   注: NetAdvantage for WPF を用いた Microsoft Office 2007 UI 互換機能をアプリケーションに組み込む場合、無償の Office UI ライセンス を取得する必要があります。 Microsft Excel 2007などを実行すると今までのバージョンとは似ても似つかないインターフェースになっていました...
[Tips] xamChart #1 - キャッシング返済シミュレータ [WPF]
ここ数年グレーゾーン金利やリボ払いによる問題などキャッシングにまつわる問題が多発していますよね?私個人はめったに(というか1-2回ほど)キャッシングをしないのですが、クレジット カードでの買い物はよくしちゃいます。 手持ちのお金がない時や分割で払える利点などついつい調子にのっていて請求額がきてびっくりすることもあったり・・・返済計画をきちんと考えないといけません。 今回はその返済計画の手助け・・・には多分なりませんがキャッシングの返済シミュレータのチュートリアルが CodeZine で公開されましたのでご紹介します...
NetAdvantage for WPF 2009 Volume1 日本語版 その2 – xamMonthCalendar
これまでの記事 NetAdvantage for WPF 2009 Volume1 日本語版 その1 - 概要 Windows Vista の Aero テーマでは XP までとは表示が異なるカレンダーが追加されました。 NetAdvantage for WPF 2009 Volume1 では このカレンダー コントロールを WPF 環境で提供します。 注:NetAdvantage for WPF 2009 Volume1 の仕様は予告なく変更される場合があります。 カレンダー表示のオプションとして色々あるのですが...