WPF と UX なBlog

タグで参照

すべてのタグ » Infragistics » Visual Studio (RSS)
[LightSwitch] NetAdvantage for Visual Studio LightSwitch - Chart
前回 は NetAdvantage for Visual Studio LightSwitch の シェル エクステンションをご紹介しましたが、今回はコントロール エクステンションとして提供されているチャート コントロールを利用してみます。 前回のソリューションを通常シェル・テーマに戻して表示   顧客に紐付く受注情報をチャート表示させます。 チャート設定 まずはスクリーン デザイナーで Orders の UI 要素をデータ グリッドから Infragistics Data Chart...( read more )
[LightSwitch] NetAdvantage for Visual Studio LightSwitch – Shell [Silverlight]
マーケティング担当塚越の エントリ にもありましたが、 NetAdvantage for Visual Studio LightSwitch がリリースされました! 今回はシェルを利用する方法をご紹介します。 データ定義 まずは、外部データソースにアタッチ     各テーブルが読み込まれました。 スクリーン追加 一覧および詳細画面を追加 実行すると、選択した顧客に紐付いた購入情報がグリッドで表示されます。   他にも画面を作成していきます。 ここまではいつも通りですね...( read more )
[WP] xamInfoBox の位置を揃える – XamVisualTreeHelper [Silverlight]
以前のエントリ で xamInfoBox を利用した Windows Phone アプリケーションの情報表示を行いましたが、xamSlider のつまみに XAML で位置を指定するとずれてしまう場合があります。例えば、 RelativeToElementPlacement = “Bottom” と設定すると・・・ <ig:XamNumericSlider HorizontalAlignment="Left" Margin="12,116,0,0" Name="xamNumericSlider2"...( read more )
[DevDays8] NetAdvantage for Reporting で Image を取り扱う [Silverlight] [WPF]
ちょっと時間が空いてしまいましたが、Develoer Days 8 名古屋会場にて次のようなご質問をいただいていました。 Q. NetAdvantage for Reportingでは動的にイメージファイルを出力することができるか? 今回は、 前回のエントリ で作成した画像登録ツールを利用し、画像データが DB に登録されているシナリオをご紹介します。 DB への接続方法については以前のエントリでご紹介しておりますので、そちらをご覧ください。 NetAdvantage for Reporting...( read more )
[Silverlight] xamGrid 11.1 新機能 その 1 – セル マージ [Tips]
先日リリースされた NetAdvantage for Silverlight 2011 Volume1 ではユーザーの皆様の声を反映した新機能が xamGrid に追加されています。 セル マージ データ アノテーション サポート コンボボックス 列 アクティブ項目 行追加テンプレート 今回はセル マージについて簡単なサンプルを作成してみました。 Silverlight アプリケーションに xamGrid を追加 Silverlight アプリケーション プロジェクトを作成し、xamGrid を追加します。...( read more )
[Silverlight][WP7] NetAdvantage for Windows Phone CTP でコンパスを作ってみる その3 [CTP]
これまでのあらすじ [Silverlight][WP7] NetAdvantage for Windows Phone CTP でコンパスをつくってみる その1 [CTP] [Silverlight][WP7] NetAdvantage for Windows Phone CTP でコンパスを作ってみる その2 [CTP] 現在実装されている機能 方角を取得する or ランダムなテストデータを一定間隔で生成する機能 設定されたデータを表示するゲージ機能 今回はコンパスらしい表現になるように頑張ってみます。...( read more )
NetAdvantage WPF 2010 Volume1 はこうなる!
先ほどは NetAdvantage Windows Forms の新機能を紹介しましたが、2010 Volume1 の WPF においても見逃せない機能が追加されます! VS2010 では WPF 開発を強力にサポートしていますので、2008で開発されていた方も、そうでない方も是非チェックしてみてください。   さて、新機能はこちら ・xamDataCards NEW!! DataGrid のようなデータを「行」で表示するのではなく、「カード」として表現するコントロールが、 Data Presenter...
NetAdvantage Windows Forms 2010 Volume1 はどうなる?
いよいよ MIX10 が開催されていますが、IG でも次のバージョンのリリースが近づいています。 このバージョンでは 2009 Volume2 に引き続き、 Visual Studio 2005, 2008 はもちろん、Visual Studio 2010 Beta2/RC をサポートしているので最新の IDE で使用することができます。 このエントリでは Windows Forms の新機能をスクリーンショットでご紹介します。 ・UltraGanttView Hot!! MS プロジェクトのような横時間軸のタスクの推移を表現できるコンポーネントです...
[WPF] Project Aqua!!
先日、ウェスティンホテル東京にて インフラジスティックス Developer Days5 が開催されました。 塚越の Blog でも言及されていますが、当日は会場の収容人員100名前後のところに96名という多くの参加者がいらっしゃいました。 久しぶりの大人数の前でのセッションということで少し緊張気味でしたが、なんとか無事に話し終えることができました。 2番目のデモではDBからの接続、機能紹介とさらに仮想化技術について実演するつもりだったのですが、VSが不安定だったため、デモの半分ぐらいをお見せすることができませんでした...
[Tips] xamDataGrid #5 フィールドの表示、非表示を切り替えるには その2 [WPF]
前回は xamDataGrid のフィールドの表示、非表示制御をデータ バインディングとカスタム コンバーターを用いて実現しましたが、全ての列が非表示可能となってしまいました。 今回は予告通り Primary 列を非表示とさせないよう設定します。 xamDataGrid で使用されている Field クラスには IsPrimary というプロパティが存在し、この値を参照することによって主フィールドであるかどうかを判定できます。このプロパティが False の場合のみ、 IsCheckable プロパティ...
Developer Days5 !
もう、 こちら のエントリにてご存知かもしれませんが、初夏恒例の インフラジスティックス Developer Days5 が 2009 年 6 月 18 日 (水) に開催されます! 会場は東京、恵比寿のウェスティンホテル東京というなんか豪華な会場となりました。 今回は現在の経済を反映して、   「コスト削減とUX向上を同時に実現するカシコイ.NET開発」   と題して各セッションが構成されています。 私は WinClient 担当として Windows Forms, WPF...
NetAdvantage for Windows Forms 2009 Volume1 日本語版 その4 – WinGrid
これまでの記事: NetAdvantae for Windows Form 2009 Volume1 日本語版 その1 - 概要 & WinPanel NetAdvantae for Windows Form 2009 Volume1 日本語版 その2 – WinCombo/WincomboEditor/WinListView NetAdvantae for Windows Form 2009 Volume1 日本語版 その3 – WinSchedule さて、今回のバージョンアップの目玉である...
[Tips] xamRibbon #4 – QAT ってなんでしょう? [WPF]
以前のxamRibbon Tips: #1 - XamRibbonWindow を作成するには #2 – アプリケーション メニューとメニュー項目の説明 #3 – リボン タブ/リボン グループを設定する 注: NetAdvantage for WPF を用いた Microsoft Office 2007 UI 互換機能をアプリケーションに組み込む場合、無償の Office UI ライセンス を取得する必要があります。 今回のお題: QAT ってなんでしょう? Microsoft Office を使用すると...
NetAdvantage for WPF 2009 Volume1 日本語版 その4 - xamTabControl
これまでの記事 NetAdvantage for WPF 2009 Volume1 日本語版 その1 - 概要 NetAdvantage for WPF 2009 Volume1 日本語版 その2 – xamMonthCalendar NetAdvantage for WPF 2009 Volume1 日本語版 その3 - xamOutlookBar 今回は 多機能タブコントロールである、xamTabControl についてのご紹介です。 注:NetAdvantage for WPF 2009 Volume1...
[Tips] xamRibbon #3 - リボン タブ/リボン グループを設定する [WPF]
以前のxamRibbon Tips: #1 - XamRibbonWindow を作成するには #2 – アプリケーション メニューとメニュー項目の説明   注: NetAdvantage for WPF を用いた Microsoft Office 2007 UI 互換機能をアプリケーションに組み込む場合、無償の Office UI ライセンス を取得する必要があります。 Microsft Excel 2007などを実行すると今までのバージョンとは似ても似つかないインターフェースになっていました...
その他の投稿 次ページ »