WPF と UX なBlog

タグで参照

すべてのタグ » .NET » Visual Studio 2010 » Infragistics (RSS)
[Silverlight] Silverlight で 地図アプリを構築する (xamMap) [CodeZine]
CodeZine にて NetAdvantage for Silverlight Data Visualization に収録されている xamMap を活用した Silverlight アプリケーション作成記事が公開されました! Silverlightで地図アプリを構築する 今回執筆者は Silverlight や Windows Azure プラットフォームでの開発を行っていらっしゃる シグマコンサルティング株式会社 の 菅原英治 さんです。データ視覚化の重要性と、他のデータとの組み合わせ手法について解説いただきました。...( read more )
[WPF] XamDateTimeRangeSlider を利用した XamDataGrid のデータ フィルタリング [Tips]
今回はインフラジスティックスの海外拠点にて情報を発信している、 Kiril Matev のブログから NetAdvantage for WPF LOB に含まれている、 XamDateTimeRangeSlider と XamDataGrid を連携させてわかりやすいフィルタリングを実現する記事をご紹介します。 Kiril Matev - Quickly Filter your Infragistics XamDataGrid Data Using a XamDateTimeRangeSlider...( read more )
WPF & Silverlight xamSchedule CTP リリース!
本日、WPF4 & Silverlight4 対応のスケジュール コントロールが本日リリースされました! これは多くの機能リクエストを受け、次期バージョンに導入予定のコントロールをいち早く Comunity Technogy Preview としてみなさんに提供するものです。 CTP ということで正式サポートは行っておりませんが、XAML プラットフォームにおいてスケジュール管理ソリューションを計画されている場合は、ぜひご確認ください。 ・ WPF xamSchedule CTP ・ Silverlight...( read more )
NetAdvantage WPF 2010 Volume2 新機能 – Design Time eXperience
  ・デザイン時のスマート タグ Windows Form ではおなじみのスマート タグがVolume 2では多くのコントロールで追加されました。デザイン時の作業効率を向上させます。 ・xamColorPicker カラー ピッカーコントロールが追加され、アプリケーションにおいて色を選択する際に活用できるようになっています。 ・Scenic リボン テーマ   Windows7, Office 2010 で採用された Scenic リボン テーマを実現しました! また、2010...( read more )
NetAdvantage WPF 2010 Volume2 スタートアップ ソリューション
先月リリースされた NetAdvantage 2010 Volume 2 にはいままでどおりコントロールの動作を確認する サンプル ブラウザー と、ソリューションを紹介する サンプル ショーケース の 2 つが提供されていますが、サンプル ブラウザーが紹介している機能が多すぎる、またコードが複雑だというお声にお応えして スタートアップ ソリューション を提供しています。 こちらをクリックすると Visual Studio 2010 に対応したソリューションが起動します。 起動すると とシンプルなアプリケーションが起動します。...( read more )
Visual Studio 2010 リリース記念 コミュニティ パック プレゼント中!
4/13 に日本でも Visual Studio 2010 Ready Day というイベントが開催され、Visual Studio 2010 がとうとうリリースされました!!  私は午前中のみの参加だったのですが、私もふくめ当日のつぶやきは こちら で確認できますのでご覧になってはいかがでしょうか。 もちろん、インフラジスティックスも VS2010 に 対応を表明 しています! さて、この Visual Studio 2010 リリースを記念して今年 1 月に引き続きオフラインでの勉強会にてお使いいただける...
[WPF] xamTilesControl チュートリアルが CodeZine で公開されました [Tips]
先日リリース されたばかりの NetAdvantage WPF 2010 Volume.1 ですが、つい先ほど CodeZine にて xamTilesControl を使ったチュートリアル記事が公開されました。 最初の一歩として是非ご覧ください!! [CodeZine] Visual Studio 2010 と WPF でデータをタイル表示するアプリケーションを作成しよう この記事では Visual Studio 2010 RC (英語版) と Expression Blend 4 Beta ...
NetAdvantage WPF 2010 Volume1 はこうなる!
先ほどは NetAdvantage Windows Forms の新機能を紹介しましたが、2010 Volume1 の WPF においても見逃せない機能が追加されます! VS2010 では WPF 開発を強力にサポートしていますので、2008で開発されていた方も、そうでない方も是非チェックしてみてください。   さて、新機能はこちら ・xamDataCards NEW!! DataGrid のようなデータを「行」で表示するのではなく、「カード」として表現するコントロールが、 Data Presenter...
NetAdvantage Windows Forms 2010 Volume1 はどうなる?
いよいよ MIX10 が開催されていますが、IG でも次のバージョンのリリースが近づいています。 このバージョンでは 2009 Volume2 に引き続き、 Visual Studio 2005, 2008 はもちろん、Visual Studio 2010 Beta2/RC をサポートしているので最新の IDE で使用することができます。 このエントリでは Windows Forms の新機能をスクリーンショットでご紹介します。 ・UltraGanttView Hot!! MS プロジェクトのような横時間軸のタスクの推移を表現できるコンポーネントです...
Silverlight LOB コントロール CTP と ASP.NET 4.0 (Visual Studio 2010)
さて、Developer Days4 も終了し、NetAdvantage for .NET の次のリリースも近づいてきましたが、先日、インフラジスティックスの Craig Shoemaker がホストを務めている Pixel8 にて マイクロソフトの Scott Hunter 氏が Visual Stduio 2010, ASP.NET 4.0 についてお話をされていました。 ASP.NET 4.0 and Visual Studio 2010 Enhancements 英語ですが、面白いお話をされているので...