WPF と UX なBlog

March 2012 - 投稿

VS11 Beta 対応サービスリリースが公開されています!
2/29 に Windows 8 Consumer Preview と共に公開された、Visual Studio 11 Beta に対応した、サービスリリースが順次公開されています。 Jason Beres - Getting Ready for the Visual Studio 11 Beta (英語) Jason Beres - Available Now: NetAdvantage Service Release for Visual Studio 11 Beta (英語) 日本語版サービス...(read more)
Posted: 2012/3/12 3:09 by Daizen Ikehara
以下に保存: ,
[Win] Timeline で予定にホバーさせた際に情報を表示させる–UIElement [Tips]
NetAdvantage for Windows Forms では Presentation Layer Framework (PLF) というフレームワーク上でコントロールが動作しています。この PLF ではコントロールの各パーツが UIElement という基底クラスから派生しておりいろいろな局面でこの UIElement を取得し、処理を行うことが可能です。 今回は一例として、マウスがこの UIElement 要素に入った・抜けた際のイベント、MouseEneterElement / MouseLeaveElement...(read more)
Posted: 2012/3/11 21:02 by Daizen Ikehara
以下に保存: , ,
[Win] Timeline に予定をマウス ドラッグで追加する その2 - ドラッグ処理の追加 [Tips]
前回   は NetAdvantage for Windows Forms の WinTimelineView に複数のオーナーを表示させるところまで準備しました。 今回はドラッグ処理の実装を行います。 ドラッグ開始 まず、UltraLabel 上で MouseDown を行った際にドラッグを開始させます。 private void ultraLabel1_MouseDown(object sender, MouseEventArgs e) { UltraLabel label = sender...(read more)
[Win] Timeline に予定をマウス ドラッグで追加する その1 - 複数オーナの表示 [Tips]
今回からスケジュールを横時間軸で表示する NetAdvantage for Windows Forms の WinTimelineView を使い、マウス ドラッグで予定を追加する方法についてご紹介します。今回は実行結果と初期設定まで~ 初期設定 まず、 WinTimeLineView と カレンダー情報を保持する、UltraCalendarInfo コントロールを追加します。 このサンプルでは上の色がついているラベルをドラッグし、新たに予定を作成します。複数人の予定を管理しているので、ロードイベントにてまずは前準備を...(read more)
[Win] チャートのインタラクション その3 - データポイントの追加 [Tips]
前回 、 前々回 ご紹介した、 NetAdvantage for Windows Forms の WinChart におけるインタラクション実装の解説です。 今回はチャート点ではないところでマウスクリックを行った際にデータポイントを追加するようにします。このような処理を行う場合、必要となるのが、 1. クリック際ののマウスの位置 2. データ点以外をクリックしたイベントの取得 3. マウスの位置における、 X 軸、 Y 軸の値 3 までわかればあとはデータソースへデータ点を追加することになります。...(read more)
Posted: 2012/3/1 12:29 by Daizen Ikehara
以下に保存: ,