WPF と UX なBlog

[WPF] インデクサーを利用したバインディング

NetAdvantage for WPF – XamDataGrid ではバインドされたデータから自動的にフィールドを作成する機能があります。 例えばこんなデータクラス構造をバインドすると・・・ public class DataClass { public int ID { get; set; } public string Name { get; set; } public Hashtable Parameters { get; set; } } となり、ハッシュテーブルの項目が階層状態で表示されます。...(read more)

の全ての投稿を閲覧する