WPF と UX なBlog

August 2011 - 投稿

[Windows Forms] Excel ライクなフィルター メニュー [Tips]
Microsoft Excel ではフィルター機能と独特の UI が提供されています。   UltraWinGrid においても フィルター機能 が提供されていますが、標準では Excel に比べると貧弱そうに見えてしまいます。 ・フィルター アイコン スタイル   ・フィルター行スタイル    今回は Excel ライクな UI を実現するため、このフィルター UI を変更します。その際、使用するのが、 UltraGridFilterUIProvider...(read more)
[Windows Forms] Office 2010 ライクな アプリケーション メニューを作成する [Tips]
Office 2007 から導入が開始された “リボン”, 実は種類がいくつかあります。 Office 2007 リボン   Sceniec リボン Office 2010 リボン office 2010 では新たに “バックステージ ビュー” というアプリケーションメニューのサブメニューを画面いっぱいに表示するビューが追加されています。 NetAdvantage for Windows Forms の WinToolbarsManager コントロールはリボン作成機能を提供してきましたが、このバックステージ...(read more)
2011 秋 コミュニティパック募集開始のお知らせ - Fall [Community]
本年始めに募集をおこなっておりました、コミュニティパックですが、秋番として、 9/1 (水) より募集を再開します! 勉強会にご活用いただければ幸いです。 対象       アイネタジャパン 加盟または UGSS 登録コミュニティ 応募条件       2011 年 9 月 – 12 月にかけてオフラインでの勉強会の開催を予定されている      ...(read more)
[LightSwitch] NetAdvantage for Visual Studio LightSwitch - Chart
前回 は NetAdvantage for Visual Studio LightSwitch の シェル エクステンションをご紹介しましたが、今回はコントロール エクステンションとして提供されているチャート コントロールを利用してみます。 前回のソリューションを通常シェル・テーマに戻して表示   顧客に紐付く受注情報をチャート表示させます。 チャート設定 まずはスクリーン デザイナーで Orders の UI 要素をデータ グリッドから Infragistics Data Chart...(read more)
[LightSwitch] NetAdvantage for Visual Studio LightSwitch – Shell [Silverlight]
マーケティング担当塚越の エントリ にもありましたが、 NetAdvantage for Visual Studio LightSwitch がリリースされました! 今回はシェルを利用する方法をご紹介します。 データ定義 まずは、外部データソースにアタッチ     各テーブルが読み込まれました。 スクリーン追加 一覧および詳細画面を追加 実行すると、選択した顧客に紐付いた購入情報がグリッドで表示されます。   他にも画面を作成していきます。 ここまではいつも通りですね...(read more)
[WP] xamInfoBox の位置を揃える – XamVisualTreeHelper [Silverlight]
以前のエントリ で xamInfoBox を利用した Windows Phone アプリケーションの情報表示を行いましたが、xamSlider のつまみに XAML で位置を指定するとずれてしまう場合があります。例えば、 RelativeToElementPlacement = “Bottom” と設定すると・・・ <ig:XamNumericSlider HorizontalAlignment="Left" Margin="12,116,0,0" Name="xamNumericSlider2"...(read more)
[WP] NetAdvantage for Windows Phone コミュニティ プログラム登録アプリケーション - 関西電力 電気予報 [Community]
2011 年 7 月 25 日より募集開始をさせて頂いた NetAdvantage for Windows Phone コミュニティ プログラム ですが、既にいくつかアプリケーション登録のご連絡を頂きました。今回はその中から、 竹内電設.com さんが公開された関西電力 電気予報をご紹介します。 竹内電設.com - 関西電力 電気予報 このアプリケーションは関西電力管轄内においての予想電力使用率を表示するというアプリケーションです。この中で、 xamBulletGraph をご利用いただきました。このグラフでは、現在値とその値が指し示す評価レベル(たとえば、95...(read more)
[WP] Windows Phone アプリケーションで情報表示 – xamInfoBox [Silverlight]
NetAdvantage for Windows Phone には情報表示を目的とした xamInfoBox が提供されています。このコントロールはエンド ユーザーに対して注目してほしい情報を提示する方法を提供しています。 例えばスライダー表示 xamNumericSlider を配置した状態ではエンドユーザーに対して現在値を表示することができません。 情報表示の方法としては TextBlock にバインド <ig:XamNumericSlider HorizontalAlignment="Left"...(read more)
NetAdvantage for jQuery コントロール + Theme Roller [Tips]
前回 、 前々回 と標準のテーマを組み込んだ NetAdvantage for jQuery の igGrid をご紹介してきました。 この igGrid に留まらず、NetAdvantage for jQuery は jQuery UI Theme Roller に対応しています。今回は実際にこのサンプルに適用してみました。 元ネタはこちら Mutarza Abdeali – NetAdvantage jQuery Controls are Theme Roller Ready (英語) この...(read more)
ASP.NET MVC + Entity Framework + igGrid [Tips]
今回も NetAdvantage for ASP.NET / jQuery のプロダクト マネージャーである、 Murtaza Abdeali の Blog から ASP.NET MVC3, Entity Framework と igGrid を組み合わせる方法をご紹介します。 元のエントリ ASP.NET MVC 3 + Entity Framework + Infragistics jQuery Grid (英語)   ここでは NetAdvantage for jQuery コントロールを使用するための...(read more)
ASP.NET MVC + igGrid [Tips]
以前の Blog エントリ や CodeZine でもご紹介している jQuery グリッド igGrid ですが、今回はこのグリッドを ASP.NET MVC3 で使う方法をご紹介したいと思います。ちなみに元になっている Blog は NetAdvantage for ASP.NET / jQuery のプロダクト マネージャーである、 Murtaza Abdeali のこのエントリです。 Using NetAdvantage jQuery Grid in ASP.NET MVC (英語) ASP.NET...(read more)
[Windows Forms] IEditorDataFilter - 入力方法のカスタマイズ [Tips]
前回 のエントリの後、Twitter で Windows Forms でも似たようなものが欲しいというつぶやきを発見しました。 そうです。おなじよーな物が Windows Forms にはあるんです。 NetAdvantage for Windows Forms – IEditorDataFilter 前回のロジックをそのままコピーしてWindows Forms でも同じ処理を実現しました。 あまり複雑な処理を行うとパフォーマンスが落ちますのでご注意をば WinTextEditor_DataFilter.zi...(read more)
[WPF] ValueToTextConverter - 入力方法のカスタマイズ [Tips]
久しぶりに WPF 単体のエントリです。 あるところで、xamEditors についてのご質問をいただきました。 Q. 入力時は数字 + 単位 (K = 1,000 M = 1,000,000 B 1,000,000,000) で入力し、表示は実際の値にしたい ( 2.5K = 2,500) xamEditor には ValueToTextConverter という Value と Text の間で変換を行うコンバーターを指定するプロパティが存在します。今回はそれを用いて実現しました。 まずは IValueConverter...(read more)
[Reporting] NetAdvantage for Reporting CTP2 – Static Parameter の使用 [Silverlight][CTP]
NetAdvantage for Reporting ではレポート作成時にエンドユーザーが検索条件を設定できるようなパラメーター機能が実装されています。 今回は基本的な使用方法をご紹介します。なお、今回のサンプルは CTP2 を利用しています。現在は 英語サイト から取得することが可能です。(日本語サイトからもダウンロードできるように手配中です) 環境 Visual Studio 2010 Ultimate NetAdvantage for Reporting CTP Silverlight ソリューションに...(read more)